米軍基地があるからこそ不労所得を得ることが出来る人もいる。


思いやり予算で高収入


思いやり予算というのをご存知だろうか?

これは日本政府がアメリが軍の駐留を負担するというためのものだが、その額は毎年2000億円以上が日本国民の税金から支払われている。

沖縄で駐留している在日米軍の家族をターゲットにした外人住宅というのが多くあるのだが、とても豪華な作りで家賃も沖縄の人間にはとても支払われる額では ない。

しかし、米兵はなぜそんな高い家賃の家に住むことが出来るのだろうか?

実はこの家賃も思いやり予算から支払われている。

どうせ金を出すのは日本政府だから賃貸料はいくらでも良いのだ。

それならば軍人を目当てにした高級アパートを建てたほうがよほど得なのである。

実際に今でも行われているかは分からないが、中部の不動産業者はアメリカ軍人には30万円/月で貸し、大家には25万円/月で契約したと嘘を伝える不動産 業 者があるの だから始末が悪い。
沖縄外人住宅
実はこういう事実があることをほとんどのウチナンチュは知らない。

特に若い世代はほとんどの者がこういう事に興味がなく、更に始末が悪いのが感情論だけを吐き出す人達に感化されやすい傾向があるということだ。

沖縄の大学生が基地反対運動を積極的に行うのはこうした理由があり、自分達で情報を集めようともせず、客観的に物事を見る力が非常に低い学生が大変多い。

私は米軍基地が将来的には減少していけば良いという希望は持っているが、現実的に現段階では不可能であり、劇的に解決する問題ではないと考える。

学生たちに、

「基地を無くすには、おもいやり予算も修正しなければいけないが、どう思うか?」

と投げかけてみても、

「おもいやり予算ってなんですか?」

と聞いてくる連中が非常に多く、辟易してしまう。


・米軍基地が嫌なら防衛的に自衛隊を多く配置しなければならない。
 ↓
「戦争はんたーい!武器を持つから戦争が起こるんだー!」



・米軍基地が無くなれば直接雇用が無くなり、米軍相手に商売をしている会社の経営が悪くなる。
 ↓
「先の事は解らないけど、とにかくはんたーい!」


将来的に実現するために、今どう考え行動する事が大切なのだが、とにかく反対していればなんとかなると思っている沖縄の大学生達は一度深く物事を考えたほ うが良いだろう。

▶次の記事 「嫌われ者の宮古 人」





















 

inserted by FC2 system