ナイチャーは知らない沖縄裏情報。


沖縄への曲がった愛情


沖縄県民は内地の人に比べて地元への愛着が大変強い土地といって良い。

沖縄は経済的に大変厳しい状況で多くの問題を抱えているが、それでも真に郷里を愛している人がいて、どんなに苦しい生活をしていても、沖縄に生まれたこと を誇りに思う人も多くいる。

しかし、沖縄には手放しで沖縄が最高だと言っている連中も多くいる。

特に若い世代で、内地に行ったことがない様な大学生位の年齢に特に多いのだ。

簡単に例えると、沖縄のミュージシャンはローカルだけで活動する者も含めると大変多い。そういう人達は内地にもいると思うが、食っていけるくらいまでには なかなかならないのではないだろうか?

こうした三流歌手でも沖縄ではなんとかやっていけるという不思議な環境が整っている。

なぜなら、沖縄出身というだけで売れてしまうからだ。

そして、そういう歌手はいつの間にかカリスマになってしまうという風潮がある。

彼等の歌は島から出たことがなく、Fランク大学しか無い沖縄の学生に大変人気が高く、耳障りの良い言葉を選べばそういう学生に売れてしまうから不思議だ。

「沖縄は綺麗だ。」
「島の人は優しい。」
「この島を守って行きたい。」
「戦争はいやだ。」
「基地はいらない。」



私は内地でやっているニュースは嘘で、多くの沖縄県民はもっと現実的に物事を考えていると書いてきたが、大学生に限ってはそうではなく逆転している。

沖縄から出たことのない人達は井の中の蛙で、自分の意見は誰かから聞いた事、つまりニュースやこういう沖縄を売り物にした歌手の言葉をそのまま自分の言葉 だと言い始めるからたちが悪いのだ。

内地で売れなかった歌手はこぞって沖縄に帰ってきて、三線を持ち沖縄をテーマにした曲を作り始めるのだが、それを聞いて無邪気に喜んでいるのがなんとも言 えない。

彼等も大学を卒業し少しずつ真実がわかってくるのだが、今の低レベルな考えをTwitterなどを使って日本中に拡散しているのだから、沖縄の恥といって も良いだろう。

こんな事を書くと、琉球大学以外の学生は怒るかもしれないが、君たちはまず外から沖縄を見て、考えることをしたほうが良い。

まあその昔、安保反対だと言って火炎瓶を作って大学に立てこもった馬鹿な大学生たちのほとんどは、大した信念もなく、お祭り騒ぎをしたかっただけと言われ ているが、沖縄の大学生も結構同じようなものではないだろうか?

彼等はまず、聞きかじったことをそのまま自分の考えにするのではなく、外から沖縄を見て、自分の見たもの感じたことを真に自分の物にすることから始める必 要がある。

沖縄の若者は精神年齢は内地の人に比べても少し低いと言わざるを得ない。

▶次の記事 「自殺者の集ま る八重山」
















 

inserted by FC2 system