ナイチャーは知らない沖縄裏情報。


放射能から逃げてきた人達


先の東日本大震災直後、避難先として沖縄に来られた方が多くいて、沖縄県もそれらの人に対して受け入れ をしていた。

本当に大変な天災で、多くの被災者が沖縄に避難するために来られ、また多くの県民は手を差し伸べ助けようと力を尽くした。

その中で、少数の避難者がトラブルを引き起こしていると情報が入ったのだ。

それは、原発の放射能から逃げてきた人たちだ。

これは、あくまでも原発被害に直接関わった福島県の人たちではなく、想像放射能を浴びて来ている人たちの話だ。

彼等の話によると、

「日本政府と東京電力は本当の事を言わない、東京も放射能まみれでいつ死ぬかわからな い。」

という持論を持って沖縄に逃げてきているのだが、それだけなら私も何も言わないし、指摘しようとも思わない。

なぜなら、人体に被害があるレベルの放射能があるとは言えないし、無いとも言えないからだ。

しかし、彼等の話を聞いていると必ず、

「既得権益が金ほしさに原発を無くさない。」「福島では風疹が増えていて甲状腺がんで 子供が死んでいる。」「原発ではなく太陽光に変えれば良い。」

という根拠があるのか無いのか分からない事を言い出し、自分も被害者だという持論に展開させるのだ。

質が悪いのはこれだけでなく、それを沖縄の基地問題と絡めて原発反対運動をしはじめ、日本政府は沖縄も原発被害者も見捨てていると沖縄をダシに使って自分 の意見を言い始め、中には「自分たちは本土には帰れなく働けないのだから生活の保証を するべきだ。」と生活保護を申請する者までいるのだとか。

私も数人こういう人たちに出会ったことがあるが、理屈で話をしても埒が明かず、感情論で全てがなんとかなると思っているのだから、どうにもならず閉口して しまった。

こういうエセ原発被害者が沖縄に少なからずいるのだそうだ。

連中は最終的に原発反対の思想を持つ左翼の政党や環境団体に感化されてしまうので、よりおかしくなってしまうのだ。

こういう連中の被害に遭わないようにするために、連中の簡単な見分け方をお教えしよう。

こういう連中は、陰謀論とフリーメイソンが大好き なので、そういう話題に精通しているナイチャーを見たら警戒したほうが良いだろう。

言ってみればオカルト好きなメルヘン脳を持った人達といって良いだろうが、こういう連中が原発を無くすことが出来るとは誰も思わないだろう。

ただ、わーわー騒いでいれば原発がなくなると思っている低能集団なのだ。

本気で、日本の電力問題と脱原発を考え、行動している人にとっては全く迷惑な存在にしかならないという事を連中は分かっていないのだから一層質が悪い。

本当に福島から避難されてきた人達には全力を持って支援したいし、してほしいと思うがこういう連中は一刻も早く沖縄から出て行ってもらいたいと思うのは私 だけではないはずだ。

▶次の記事 「沖縄への曲 がった愛情」
















 

inserted by FC2 system