ナイチャーは知らない沖縄裏情報。


与那国島自衛隊誘致問題


沖縄県の与那国島への陸上自衛隊の沿岸監視部隊配備を巡り、国に市町村協力費(迷惑料)として10億円 を要求していた与那国町の外間守吉町長が、この要求を撤回する意向を防衛省側に伝えていたというニュースがあり、それに対して、ネトウヨに代表される人た ちが「与那国島の人間は金目当てだ。」という批判をしている。

端的に言うと、金目当てで当然なのだ。

誘致賛成派の意見は、地域経済の活性化を期待しているだけであって、国防の要として与那国島を使ったほうが良いとは誰も考えていないのだ。

あくまでも自衛隊駐屯地の誘致は経済効果を期待したものであるが、賛成派は反対派を納得させるための材料にはならないのではないだろうか?

人が増えて直接的に経済効果を見込めるサービス業や販売業の人たちには自衛隊誘致のメリットはあるだろうが、農業など直接的に利益を見込めない住民にはた だ迷惑な存在になりかねない。

そこで誘致推進派はすぐにでも目に見える効果で反対派を納得させようとしたのではないかというのが私の考えだ。

協力費を求めるのはそれほど悪いことではなく、それを受け取ったからこそ自衛隊のこれからのオペレーションが円滑に進むとは考えられないだろうか?

駐屯地ができてからも反対運動を継続的に行われるよりはよほど良いと言えるのだ。

協力費を受け取ったのだから文句は言えないという既成事実を作る事に対しては自衛隊にとってもメリットは必ずある。

ネトウヨ達はまず与那国の人間を叩くのではなく、内地から来る左翼活動家達が自衛隊の邪魔をさせないように考えることが先なのではないだろうか?

※私が言う「ネトウヨ」とは愛国者を指すのではなく、ネット上やニュースだけで情報を得て端的に物事を考え、そこにある真の感情を調べずに発言する情弱愛 国者の事を言う。

▶次の記事 「石垣島地価上 昇の背景」


















 

inserted by FC2 system