ナイチャーは知らない沖縄裏情報。


ダイビング業者と事故


沖縄の観光産業で重要なパートがマリンスポーツ業界だが、ここも黒い噂は本当に絶えない。

ダイビングショップの経営者は大半が内地の人が経営しているのだが、沖縄の海の事情をよく知らないで開業してしまっているショップが大変多い。

その中途半端な知識でダイビングショップ等を開業してしまうため事故が毎年起こっているのだ。

例えば石垣島を中心とした八重山では、年に必ず一度は事故が起こるのは何故なのだろうか?まず第一の問題は、地元の漁師に聞いた話だが、「海人 でも潮の流れを覚えるのに数年かかるのに、昨日今日来たくらいで分かるわけがない。」と言っていたのが印象的だ。

八重山諸島のは大変潮の流れが早く、時に一気に方向を変えてしまうという地元の漁師にとっても読むのが難しい海域なのだ。

それを、「儲かりそうだから」という一心で素人に毛が生えた様なショップが多く乱立しているのが、事故の多さの原因だろう。

記憶に新しいのが、2005年に西表島から新城島に向けてシーカヤックを使って行くというツアーをしていたが、遭難し親子インストラクターの3人が行方不 明になったというものだ。

このインストラクターはシーカヤック界では有名な人物だったらしいが、それでも帰ることができなかったのだ。

石垣など八重山諸島では、小さい子供に「海は恐ろしいところだ。」と必ず教える。

海人でさえ同じ事を思っているのに、金儲け優先でこうしたマリンスポーツ業者が横行しているというのが、残念ながら事実だ。

それ以外にも問題はある。

現在内地のダイビング専門学校で卒業した者の多くは沖縄を目指すものが多い。

しかし、そのインストラクターは薄給で使われ、すぐに辞めていく。

ほとんどの者が1年で辞めていくのだが、将来性もない薄給な仕事を生業とはできなかったのだろう、私はそういう人と会い、労働条件の向上を経営者に訴えて みてはどうかと提案してみたが

「辞めたければ辞めればいい、代わりはいくらでもいる。というのが、本音ですよ。僕たちは結局捨て駒なんですよね。」

と言っていた。

中途半端なダイビング業者で先行きの見えない不安と戦っているインストラクターに命をあずけるなんて私にはできない。

▶次の記事 「与那国島自衛 隊誘致問題」




















 

inserted by FC2 system