絶対に住んではいけない地域が沖縄にはある。


移住に適さない地域



いざ移住を始めようとした時、どこに住めば良いのだろうか?

病院や商業施設が充実していたり、交通の便が良いというのも重要だが、まずはその地域の人に受け入れられるかという事が大変重要になる。

特に沖縄は小さなコミュニティを大切にするという部落文化が発達しているので、そこに入り込み受け入れられるには相当な努力が必要になるだろう。

ここでは、初めての移住先になるべく選ばないようにしたい3つの地域を紹介する。

1・宮古島

前述したように、宮古の人間は沖縄の人から恐れられていて、喧嘩になったら殺し合いは当たり前という風土だ。
特に排他的な土地で、新参者にはかなり難しいといえるだろう。
よそ者をとにかく嫌い、自分の島が一番だという誇りまでありますので本当に厄介だ。
観光で親切にされたから大丈夫なんて思っていては絶対にダメで、それが観光客用の顔だという事をしらないといけない。

2・糸満

那覇の人間は特に恐れている人が多いのではないだろうか?
一昔前であれば喜屋武あたりに那覇ナンバーのバイクで走らないほうが良いとか、車を裏返しにされたとかという話はよく聞きいた。
海人の町なので気性が荒いというのはしかたのない事なのだろうがちょっと恐ろしい感じすらする。
それより何より、糸満の人はちょっと沖縄の言葉を覚えて行ったくらいでは言葉が通じない。
沖縄の人間でも糸満の人が何を言っているのかわからないのだから。

3・読谷

ここはそれほど気性の荒い人間が多いというわけではないのですが、かなり排他的な人が多くいる。
やちむんに興味があれば良いが、好き好んで選択するような場所ではないだろう。


移住初心者に一番最適だと思う地域は確実に那覇だと言える。
ここはほとんど内地の中堅都市と変わらないし、人もナイチャーに対して差別的な発言をする人が圧倒的に少ない印象がある。
子供がいるのであれば、絶対に泊に住居を決めたほうが良いだろう。

ナイチャーだからといういわれの無いいじめを子供が受けたという話をよく聞くが、泊小学校は特にナイチャーの子供が多く通っていて、そういう問題に特に真 剣 になってくれるし、かなり厳しい校風だと言われている。
これを沖縄に赴任する転勤族のナイチャーは引き継ぎのの時に特に重要事項として後任に伝えるのだそうだ。

まあ初めての移住であればまずは那覇や豊見城に住居を構えるのが得策だと言える。
▶次の記事 「女性の職場」


















 

inserted by FC2 system