沖縄は守礼の邦では無かったのか?


沖縄のサービスレベル



沖縄のコンビニに入るとよく分かるのだが、店員の接客態度から言葉遣いまですべてに置いてレベルが低 い。

これは、許容範囲というものが沖縄は大変広いためだ。

沖縄の田舎によくある共同売店では、「いらっしゃいませ。」という言葉すら無いのだが、これを悪く言うつもりは無い。

なぜなら、共同売店は住民の共同出資により運営されているものだから、身内にサービスを提供する必要が無いためである。

そのなごりが残っているのか、コンビニでも求められるサービスというものが非常に低いと感じる。

求められなければ提供しないもだから、沖縄のコンビニは総じてサービスレベルが低いのである。

コンビニ程度にサービスを求めないというのも多くの人の意見だが、沖縄のリゾートホテルにもこのような感覚があるのも事実である。

人をもてなすという感覚が異常に低く、このくらいしておけばよいだろうという程度のサービスをするのだから観光客のホテルへのリピート率が低いのもうなず けるのだ。

観光客がまたそのホテルにリピートする条件とは、

・ホテルの設備、環境が良い
・スタッフのサービスが良い

このふたつが大きな要素となると思うが、実際にスタッフのレベルは日本で一番低いと言える。

この原因に挙げられるのは

・スタッフ自信のホスピタリティの欠如
・ホテルの拝金主義(スタッフの給料は生活保護並、料理はバイキング)
・リゾートバイトで来ているような沖縄を知らない内地からのバイトばかり

リゾートホテルに期待しない観光客が最近では増加傾向にあり、それを象徴するかのようにビジネスホテルが観光地にも多くなってきてきている。

私は今断言しよう。

沖縄観光業界は根本からサービスを見なおさなければ衰退する一方だということを。

▶次の記事 「とんでもない 病院」




















 

inserted by FC2 system