自慢気に沖縄を語る前にナイチャーは勉強をしよう。


ナイチャーのアイデンティティ


沖縄に住んでいるナイチャーにとってナイチャー同士の優劣のつけ方がある。

自分は沖縄をよく知っているだとか、先輩風を吹かせたがる輩が多くいる。

ナイチャー同士の話しを聞いて腹をかかえて笑ってしまうのが、ナイチャーが話をする時は、まず

「何年沖縄に住んでいますか?」

これを聞くのである。

住んでいる年数が自分の価値にでもなるのだろうか?ほとんどのナイチャーはこうした話からきりだす。

私もナイチャーと間違われ、こうしたことを聞かれた時に

「2年ほど住んでいますが。」

とナイチャーのフリをして答えた。

そのナイチャーは、

「2年しか住んでいなかったらこっちの冬はまだ寒くないでしょ?私は8年住んでいるからもう沖縄の身体になって寒いのよ。」

こうしたクサレナイチャーは沖縄に長年住んでいる、お前とは沖縄歴が違うのだというアピール話が大好きなのだ。

私は呆れて、

「人間の身体は環境適応能力があるから、通常2年も経つとその気候になれるようになるんですよ。あなたには環境適応能力が無いのかもしれませんね。」

とアドバイスしておいた。

このような優越感を感じたい、自分は他の連中とは違うんだという知ったかーナイチャーが多くいるのは何故なのか、それはただ単に先輩風を吹かせたがる様な 低レベルな意識しか持っていないナイチャーが集まりやすいというのが実情だろう。

もし、あなたが移住して知り合いのナイチャーができたらまずこうした連中は敬遠したほうが良い。

絶対にご親切に、「沖縄ではこうだ、沖縄ではこれが常識だ。」と偉そうに指導してくれるが大抵の場合間違っているからだ。

▶次の記事 「沖縄料理を馬 鹿にするナイチャー」



















 

inserted by FC2 system